飼いやすい生後時期|ペットくすり ホームページからのご注文はコチラから

 

飼いやすいペットの生後時期

 

ペットには、生後の時期によって飼いやすいタイミングが存在します。生まれたての子犬だと、これから生きていけるかどうかの責任が大きく飼い主にかかりますし、生後時間がたっているペットだと、飼い主との相性が合わないと、なつかないことがあるからです。

 

初心者でも一番買いやすい時期と言うのが、生後2か月後半から3ヶ月前半だといわれています。すでに離乳が進んでいるので、食事にそれほど気にかける必要もなく、また、生後それほど時間がたっていないので、優しく接してあげるだけで、ほとんどの犬は初心者飼い主にでもなついてくれることでしょう。

 

また、ペットの体毛もふさふさとしてきて、犬の人生の中でも一番かわいらしい時期だともいえます。その時期を飼い主としてかかわっていることで、これからもずっと一緒に生活をしていけるというものです。

 

また、初めてのワクチンを接種させるのもこの時期です。一般的には生後1か月半ほどでワクチンを接種して、また、1か月後にもう一度ワクチンを打ちます。そうすることで、もう外へ出ることが出来ます。ペットショップに並ぶのも、この時期からが多く、はじめてペットを飼うのなら、ワクチンが済んでいるペットの方が、飼い主さんの負担が少ないかもしれませんね。


このページの先頭へ戻る